DAミーティング 司会者の進め方(リアル会場のサンプル例) 

 

1.「こんばんは。 私は強迫的買い物・浪費・借金依存症の〇〇です。  
  無名の強迫的買い物・浪費・借金依存症の集まりにようこそ。」 
 

2.「一緒に『平安の祈り』をお願いします。お祈りのあとに短い黙想をお願いします。」 

  「短い黙想をお願いします。」(15秒~30秒くらい) 
 

3.DAハンドブックのどこかを読む。「では司会者が、○ページの「△△」を読みます。」  

 

4.グループによってはグループで決めている『文献』を読み合わせる。 

 

オンラインではメニューの中の 【DAとは/ABOUT D.A.】の中のメニューの中の項目を読んでもいいと思います。文献輪読などはグループで決めていいと思います。
 

5.「ミーティングを始めるにあたり、皆さんにお知らせとお願いがあります。 
このミーティングはDAオープン・ミーティングです。 皆さんようこそいらっしゃいました。 
私たちは、新しい仲間の方をはじめ、ここへみえた皆さんを喜んでお迎えいたします。本日、初めて参加された方はいらっしゃいますか?」 

 

いる場合➡︎「DAミーティングへ初めて来られた方には(終わりの40分位前に)◯時頃にお話ししていただく時間をとりますので、良かったらDAにくることになった経緯などを分ち合ってください。」 

 

いない場合➡︎「DAの目的は一つであり、伝統3はDAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、強迫的買い物・浪費・借金をやめたい!という願いだけであると述べています。 
ここでは強迫的買い物・浪費・借金の問題、またはそれに関わることだけが分かち合われるよう 
お願いいたします。」 

 

6.「今日、分かち合いのあとに連絡事項のある方はいらっしゃいますか?」 

~(必要な仲間がいれば)~「何分くらい必要ですか?」 

~(連絡に必要な合計時間の余裕を残して、分かち合い終了時間を決める) 
  

7.「では、〇時〇分までを目途に、分かち合いをはじめます。時間の配慮もお願いします。」 

 

 8.分かち合いが終わったら… 

「伝統7の時間です。 私たちのグループには、会費も月謝もいりません。 私たちの献金だけで自立しています。」 ⇒ 献金袋をまわす。「献金をするか、しないか。献金の額をいくらにするかは、個人の意志におまかせしております。」 

 

オンラインミーティングで献金するか、しないかもグループで決めていいと思います。
 

9.連絡事項を担当の方から話してもらう。 

 

10.短い黙想をした後、もう一度「平安の祈り」をして終わり。